予防について

予防について

歯医者に歯を削らせないで!
ちょっと過激なタイトルになってしまいました。もちろん虫歯になってしまえば、歯を削って、適切な治療をしなければなりません。しかし、長年治 療にあたっていて、予防の大切さを痛感しております。削って詰め物をしたり、神経を取ったりすれば、やがて脱離や根破折などを招くケースが多くなります。自分の歯をノーマルのまま保つのが1番です。
そこで「歯医者に歯を削らせないで!」というタイトルにいたしました。
そのためには、定期的に検診を受けられて、予防に努めましょう。

子どもの治療について

治療が初めてのお子さんには、どういうことをするのかをよく説明し、コミュニケーションを取りながら、対応しております。
大きな虫歯の場合、必要があれば本人にわからないよう麻酔をして、痛みがないよう治療しております。
痛い思いをして、歯科恐怖症になって来院される小さなお子さんが、多々いらっしゃいます。その場合は、まず、恐怖症を取るべく対応をしております。時間はかかりますが、ほとんどのお子さんが、やがておりこうに出来るようになってくれます。自信をつけた子どもの顔は、見ていてうれしいものです。
大人で歯医者嫌いな方は、伺ってみると子どもの時の嫌な思いが原因のようです。
当院では「歯医者嫌いを作らないこと」が目標です。
歯医者嫌いな方ほど、まめに定期健診を受けて下さい。そのほうが、歯石を取るのも楽ですし、虫歯予防、歯肉炎予防につながって、痛い思い、怖い思いをしなくて済みます。経済的にもずっとお得です。

小さなお子さんがいるために来院を控えていらっしゃる方へ

スタッフが対応しますので、予約の際にお問い合わせ下さい。
このページのトップへ

仕上げ磨きについて

お子さんの仕上げ磨きは、いつまでもやってあげて下さい。ただし、小学校3、4年になると、親離れが始まり嫌がることが多いので、その頃が止め時かもしれません。
子どもと接する時間なんて、あっという間ですので、歯ブラシすることで、コミュニケーション及びにスキンシップを取って下さい。親の楽しみと思って、怒らずに、にこにこ褒めながら磨いてあげて下さい。きっといいお子さんに成長すると思います。

私の子どもは、今大学生ですが、虫歯ゼロです。そのノウハウをお伝えしています。
みなさんのお子さんも虫歯ゼロというのが、目標です。

歯科医院専用のキシリトール100%ガムあります

私の家族は、食後にキシリトールガムを噛んでいます。
キシリトールガムを噛む効果は、
  • キシリトールは、虫歯菌の栄養にならないので、虫歯菌が酸を出さなくなる。
  • ガムを噛むことで、唾液が出て、自浄作用(歯の汚れを洗い流す)がある。
  • 唾液が出れば消化を助ける。
  • 唾液が出れば免疫力がアップする。
  • あごを使うことで、骨の発育を促す。
  • 唾液腺の刺激になる。
  • ガムを噛むことで、脳への刺激になる。(ボケない。頭が良くなるかも)
  • あごを使うことで、噛むための咀嚼筋力がアップする。
このページのトップへ